タトゥー除去治療を受けたいと考えた時、多くの人は治療に伴う痛みの有無を気にします。


タトゥーを施した時も痛かったのだから、除去する時も痛く感じるのではないかと考えるようです。

実際のところ、どのようなタトゥー除去治療を選択しても、痛みは少なからず出てきます。
タトゥー除去治療は大きく分けると「皮膚切除治療」と「レーザー治療」の2種類に分けられます。
「皮膚切除治療」は文字通りタトゥーを施した皮膚にメスを入れて切り取り、余った皮膚を縫い合わせるという方法で、当然ながら切除・縫合による痛みは避けられません。


また、「レーザー治療」は痛みが少ないと思われがちですが、実はレーザーには強い熱があるため火傷の発生は確実で、やはり痛みが伴ってしまいます。

タトゥー除去の痛みの正しい情報はこちらです。

今現在、まったくの無痛でタトゥーを除去する方法は、残念ながら確立されていません。


したがってタトゥーを除去したい場合は、ある程度の苦痛は避けられないのが現状です。

しかしそんな環境の中でも、なるべく患者に負担がかからない治療を実現しようと、日々研究に励んでいるお医者様もたくさん存在します。


そうしたお医者様に出会うことができれば、今の技術の中で可能な限り優しい治療法を提供してもらえる可能性が高くなります。

livedoorニュースのお得情報を公開します。

できるだけ刺激を感じない形でタトゥーを除去したいと願った時にまずすべきことは、確かな技術を持つと同時にしっかりと患者に向き合ってくれる、信頼できる医師を探すことです。